入れ歯

当院では、患者様の希望に応じて適した入れ歯を作製していきます。入れ歯を入れるのが初めてな方も、今までの入れ歯が合わなかった方も、入れ歯の悩みがある方にも、幅広く、対応させていただきます。

入れ歯の種類

当院では、さまざまな種類の入れ歯に対応しております。それぞれの特徴を、紹介しています。

金属床義歯

金属床

その名の通り、金属を使用した入れ歯です。使用する金属は、コバルトやチタン、白金加金で、以下のような特徴があります。

軽くて強度に優れている

金属床で使用する金属は、軽くて強度に優れています。また、チタンや白金加金は腐食しにくく、錆びにくいという特徴があります。そのため、変色せず長期間使用することができます。

義歯の厚みを薄くできるため、違和感が少ない

金属床義歯は、薄く加工ができるため、違和感が少ないと言われています。金属床義歯は、薄くてコンパクトに作ることが可能なため、違和感が少なく、快適に過ごせます。

食べ物の温度を感じやすい

金属は、熱伝導性がよいため、熱や温度を伝えやすいという性質があります。入れ歯にすると、食材の温度を感じにくくなり、以前より食事を楽しめなくなってしまう方も多いです。

しかし、金属床義歯は、熱や温度を伝えやすいので、食事の温度感を感じ取りやすく、以前と同じような食事を楽しめます。

ノンクラスプデンチャー

バネ無しの入れ歯

ノンクラスプデンチャーは、柔らかいプラスチックを使用した入れ歯のことで、金属を使用しません。下記のような特徴があります。

審美的に優れている

ノンクラスプデンチャーは、金属を使用していません。通常、入れ歯には金属のバネ(クラスプ)があり、その部分を残っている歯にかけます。見える場所にバネがかかっても、金属のバネがないので、入れ歯だとわかりにくく、見た目もきれいです。

割れにくく、弾力性がある

ノンクラスプデンチャーの材料は、柔らかく、弾力性があります。入れ歯を曲げても“しなる”性質があるため、割れにくいと言われています。過度な力がかかったり落としたりした際も、壊れにくく安全に使用することができます。

金属アレルギーの方にも安心

金属を使用していないので、金属アレルギーがある方も安心して使用できます。

マグネット式デンチャー

磁石の力を利用して入れ歯を維持するのが、マグネット式デンチャーです。以下のような特徴があります。

金属のバネがないので、入れ歯だとわかりにくい

磁石付き入れ歯

マグネット式デンチャーは、歯の土台と入れ歯それぞれに磁石を入れ、歯と入れ歯の磁石をくっつけて使用します。

金属のバネで入れ歯を固定せず、磁石に磁力で固定するため、金属のバネは使用しません。そのため、見た目では入れ歯だとわかりにくいです。

しっかりと固定されて、動きにくい

強い磁気の力で、しっかりと入れ歯を固定するため入れ歯が動きにくいと言われています。入れ歯が動かないので、擦れて痛みがでたり、外れてしまう症状が出にくいです。また、手入れをしっかり行えば長期的に使用も可能となります。

お手入れがしやすい

マグネット式デンチャーの構造は、シンプルなのでお手入れがしやすいです。歯磨きや、入れ歯の掃除がしやすく、清潔な状態を保ちやすいです。

BPSデンチャー

BPSデンチャーとは、見た目や機能性にこだわったフルオーダーメイドの入れ歯のことを言います。下記のような特徴があります。

見た目がきれいで、自然な歯を再現できる

BPSデンチャー

BPSデンチャーでは、入れ歯の歯の形、歯肉の色など全てにこだわって作っています。完全フルオーダーメイドの入れ歯なので、ご自身の理想の形も取り入れることができます。

この入れ歯を作製できるのは、BPSデンチャーの資格を持った歯科技工士だけです。高い技術と専門的な知識をもった歯科技工士と歯科医師が作製するので、自然で美しい口元を表現することが可能となっています。

短時間で作製できる

BPSデンチャーの作製過程は、決まっており、システム化されています。入れ歯が仕上がるまでの工程に無駄がないため、短期間で精度の高い入れ歯を仕上げることができます。

お口の中の機能を再現できる

BPSデンチャーは、食事や話すときなどさまざまな場面を想定し、お口の中の機能を細かいところまで再現することが可能となっています。顎関節や筋肉のバランスを見ながら作られている入れ歯なので、失われた機能を可能な限り、回復することができます。

3Dプリンターデンチャー

3Dプリンターデンチャーとは、最新の技術の入れ歯です。3Dプリンターを使用して、入れ歯をつくっていきます。

入れ歯の型取りの負担が少ない

3Dプリンターデンチャー

3Dプリンターデンチャーは、3D光学スキャナーで歯型を取ります。従来の型取りは、粘度のような材料を、お口の中に入れて型取りを行ったので、苦しい思いをしなければなりませんでした。

しかし、スキャナーを使用するため、苦しい思いをせずに歯型を取ることができます。嘔吐反射といって、型取りの時に気持ち悪くなってしまう方にも、負担が少ないです。

短期間で、精度が高い義歯ができる

通常の入れ歯をつくる時は、作業工程が多く、何度か通院が必要となってきます。3Dプリンターデンチャーは、スキャンして、コンピューターで作製していくので、手間も時間も少なく済みます。また、精度も高いと言われています。

レジン床デンチャー

保険の入れ歯

保険治療で作る入れ歯のことで、下記のような特徴があります。

保険適用なので、費用が安い

レジン床デンチャーは、保険適応の入れ歯となっています。そのため、費用を抑えてつくることができます。

壊れやすく、使用時に不具合が起きやすい

使用する素材がプラスチックなため、強い力がかかったり、熱を加えると、割れたり、変形してしまうこともあります。変形してしまうと、入れ歯が合わず、痛みが出てしまい、食事がとれないことに繋がります。また、入れ歯の歯や歯肉の色も決まっているため、見た目の自由度も低いと言われています。

047-480-6480

平日  09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒276-0045 千葉県八千代市大和田1011-1
大和田SKビル1F

京成線・京成大和田駅 徒歩 0

駐車場完備(所在地はコチラ)
東関東自動車道
千葉北インターチェンジより15分