おおわだエキ総合歯科では、できるだけ歯を削らない「MI治療」と呼ばれる治療をベースに、できる限り歯と神経を残す虫歯の治療を行なっております。

虫歯の進行レベルと治療法

歯は外側から順番に、「エナメル質」→「象牙質」→「歯髄(しずい)」の構造で成り立っています。歯の中心にある、歯髄と呼ばれる歯の神経に近づくにつれ、虫歯の進行は重度となります。

CO

ごく初期の虫歯

歯の表面である「エナメル質」が溶けて白濁し、虫歯が疑われるものの、穴が空いておらず積極的な治療を必要としない初期虫歯です。

治療法

治療よりも経過観察が推奨されるため、歯磨きや食生活に注意しながら、定期的なメインテナンスを行います。

C1

エナメル質の虫歯

C1は、COの段階から虫歯が進行し、エナメル質に穴があいている虫歯をいいます。茶色~黒く変色していることもあり、痛みがほぼないことが特徴です。

治療法

虫歯をきれいに取り除き、白い樹脂(コンポジットレジン)を詰める治療になります。基本的には、1回の治療で終了です。

C2

象牙質の虫歯

エナメル質のさらに内側、「象牙質」まで進行している虫歯をC2と呼びます。C2になると、「甘いものや冷たいものがしみる」といった自覚症状が出ることも多くあります。

治療法

虫歯が小さい場合は削った後に白い樹脂を詰め、大きい場合には部分的な被せものを用いる治療になります。通院回数は治療法により異なるため、1~3回が目安です。

C3

神経まで達した虫歯

C2の状態からさらに進行し、虫歯が神経にまで達した状態です。何もしなくても痛みが生じ、痛みもC2よりさらに強くなる傾向があります。

治療法

C3では、感染した神経を取り除き、根の中を消毒する「根管治療」が必要になります。感染した根管は数回に分けて洗浄、消毒する必要があるため、通院回数が多くなり、通院期間はおよそ1ヶ月~2ヶ月になります。

C4

歯根まで達した虫歯

歯の神経が死んでしまうと歯は崩壊し、最終的には根っこだけの状態になります。この状態をC4と呼び、長期間放置されたケースでは、歯を残せる可能性が極めて低くなります。また、C4は神経が死んでいるため、痛みはありません。

治療法

ほとんどが抜歯となるため、「インプラント」や「ブリッジ」、「入れ歯」など、歯を失った際に適用される治療法をご提案いたします。治療期間は治療法により異なります。

再発を防ぐ「精密根管治療」

根管治療

虫歯が神経にまで進行すると、感染した神経を取り除き、神経の通っていた管を綺麗にし、再感染が起きないようにするための「根管治療(こんかんちりょう)」が必要です。

この根管治療は、自費のものと保険のもの、2つの治療法があります。保険の根管治療は、時間や器具などに制限があるため、確実で精密な治療が難しいという欠点がありました。根管治療は、歯を残すための大事な治療であるにもかかわらず、不十分な治療をしてしまうと再発するリスクが非常に高い治療です。

このような点を踏まえ、おおわだエキ総合歯科では患者様の歯をできる限り残したいという思いから、保険治療では難しかった「精密根管治療」をご提案しております。

約20倍以上の拡大が可能なマイクロスコープ

根管治療
マイクロスコープ

根管は、1cm未満のわずか数mmの細さであり、長さは1.2cm程になります。つまり、肉眼だけで根管を確認するのは不可能であり、測定器などの機械には頼りつつも、ほとんどを手探り状態で行わなければいけません。

当院では、感染物質の取り残しがないように、「マイクロスコープ」を使用してより精密な根管治療を行なっております。

マイクロスコープは歯科用の顕微鏡であり、視野を最大で20倍拡大することのできる、根管治療のような精密で術野の狭い治療に適しています。肉眼や指の感覚では不明瞭な部分まで、鮮明にしっかりと確認できるため、正確な根管治療が可能になります。

歯を傷つけないニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイル

ファイルとは、根管治療に使用される針のように尖った器具です。感染部位を除去するためのファイルは、複雑な根管内に適応しなければいけません。

当院では、より正確な根管治療のため、ニッケルチタンファイルを使用しております。ニッケルチタンは金属でありながらも、柔軟性があり柔らかくしなるという特徴があります。歯を傷つけず、完全物質の取り残しがないよう慎重に治療を進めていきます。

汚染を防ぐラバーダム防湿

ラバーダム

普段は大事な役割を担っている唾液ですが、歯科治療中は汚染の原因となる天敵となります。当院ではより無菌的な治療を行い、感染根管の再発を防ぐため、精密根管治療においては希望者に対して「ラバーダム防湿」を行っております。

ラバーダム防湿は、治療する歯だけをラバーダムと呼ばれるゴムで隔離し、安全で確実な治療ができる処置です。

※ゴム過敏症、口呼吸の患者様にはできない場合がございます。

精密根管治療の注意点

  • マイクロスコープを使用した精密根管治療は、再発防止や歯を残せる可能性が高くなりますが、歯や周囲の組織の状態によっては抜歯になる場合があります。予めご了承ください。
  • 患者様の希望する結果にならなかった場合でも、その際の費用の返金は致しかねます。(治療開始前に、治療のリスクについてご説明いたします。)
  • 根管治療を始める前には、歯の状態や治療法、料金などの説明をさせていただきます。

その他にも、精密根管治療についてのご質問がありましたら、遠慮なくご相談ください。

047-480-6480

業者様専用ダイヤル(診療予約不可):080-7494-3955

平日  09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒276-0045 千葉県八千代市大和田1011-1
大和田SKビル1F

京成線・京成大和田駅 徒歩 0

駐車場完備(所在地はコチラ)
東関東自動車道
千葉北インターチェンジより15分